スタッフブログ

2016.09.01更新

皆さま、こんにちは!!

 

繰り返すギックリ腰、根本から治療してきちんと治しませんか?根本治療なら本格整体が受けられる八千代中央駅徒歩1分のエボリューションボディプラス整骨院へ!!

 

さぁ、いよいよ今日から9月です。暑さは相変わらずですが、真夏の暑さのような日差しというよりは、残暑という感じですよねni

でも・・・これから気を付けなければいけないのが台風です。特に今年はモンスーン渦の発生により、例年よりも台風が発生しやすくなっているんです。

先日も、観測史上初めて・・・太平洋側から東北に台風10号が上陸、通過したため甚大な被害がでてしまいました。 今後も雨で地盤が緩くなっている地域や川の増水など十分に注意して頂きたいと思います。

 

例年は日本列島の東海岸付近に張り出す高気圧が、今年はモンスーン渦の発生で北海道の北まで押し上げられてしまい、モンスーン渦の反時計回りの大気の動きが起きているんです。「モンスーン渦」が発生すると小さな台風が渦の外側で複数発生し、渦のへりに沿うように進路を取る傾向があるそうですΣΣ(゚д゚lll)

 

そして台風の大量発生!!台風2号が7月24日に発生してから、わずか1か月の間に10個の台風が発生しました、台風の発生が記録的に少なかった7月中旬までとは一転した状況が続いています!!関東でも台風が上陸し大荒れのお天気でしたね(´д`ι)

 

 

アヤテンブログ、今回は台風への備えについて書こうと思います。

 

まず、台風の大きさの表記ですが、気象庁が台風のおおよその勢力を示す目安として表現しているものになります。風速(10分間平均)をもとに台風の「大きさ」と「強さ」 を表現します。 「大きさ」は強風域(風速15m/s以上の風が吹いているか、吹く可能性がある範囲)の半径で、 「強さ」は最大風速で区分しています。さらに、風速25m/s以上の風が吹いているか、吹く可能性がある範囲を暴風域と呼びます。

 

大型、超大型の台風それぞれの大きさは、日本列島の大きさと比較すると以下のようになります。

32

 

何となく規模が分かるような気がします。超大型になると、日本列島が隠れてしまうんじゃないかって思う位の大きさなんですね(・口・) 

 

では実際の台風への備えについてです。台風の備えは大きく分けて3段階に分けられます。

①普段から備えておく事

②台風が接近する前に備える事

③台風が接近したら備える事

 

 

まず①の普段から備えておく事からです。

台風に限らず、水害に備え側溝や排水溝を普段から掃除し、水はけをよくしておきましょう。屋根、塀、壁などの点検、補強も普段から行っておきましょう。台風だけでなく、地震などの備えとしても、ライフラインが途絶えたときの事を考えて、非常用品を備えておきましょう。こちらも台風に限らず、災害の時のために家族で緊急連絡手段とその方法を話し合い、落ち合う場所などを決めておくようにしましょう。家の近くに洪水のおそれのある河川があったり、低地、急傾斜地で水害や土砂災害のおそれがある場合は事前にハザードマップなどを入手しておくようにしましょう ハザードマップは各市役所や区役所、役場などで入手することができます。 土砂災害や鉄砲水になるかどうかを見分けるためには、平常時と異常時で、濁流の流れる方向や速さの違いを普段から確認しておくようにします。道路が冠水したり浸水が始まったりしている場所では、用水路やマンホールのふたが外れていても、濁った水で見えなくなっているため、足を取られる危険性があります。 そして一番大切なのが、ご近所付き合いです。最近では隣に人が住んでいるかどうかも知らない!なんて事も多いですが、災害の時は救助や避難所暮らしの際に大きな力となります。特に隣近所にお年寄りや、体の不自由な方がいる場合は、いざというときに支援できるようにコミュニケーションを取りあって、何かあったら声を掛け合い、助け合いましょう。 

 

 

 

次に②の台風が接近する前に備える事です。

台風はある程度進路や大きさが予測のできる自然災害です。それなのに台風が接近してからの対策で被害に遭われる方も多くいます。台風が接近しているニュースを見たり聞いたりしたら、まず最新の気象情報をこまめにチェックするようにしましょう。だいたい何時くらいに、どの位の勢力で自分の住む地域に接近するのか、常に最新情報を把握しておく事がとても大切です。他には、庭に木あれば支柱を立てて補強したり、塀を補強するようにしましょう。自宅の周辺に強風などによって飛ばされる可能性のあるものは、室内にしまったり、大きいものは紐などで固定するようにしましょう。窓ガラスのひび割れや窓枠のガタつきがないかも事前にしっかりチェックしておきましょう。チェックが終わったら、窓にテープを貼るなどして強風によるガラスの飛散を防ぐようにしましょう。また、家財や家電などは浸水の被害を受けないように、少し高めの所や二階に移動させましょう。 電気のコンセントは漏電、ショート、感電などが発生する可能性があるのでコンセントは抜き、低い位置にあるものは高い所へ移動させましょう。最後に最も大切な水です。断水に備えて飲料水を確保しておくほか、浴槽に水を張るなどしてトイレなどの生活用水を確保しておくことも重要です。避難に備え非常道具、非常食を準備しておきましょう。

 

 

 

さぁ、最後に③台風が接近した時の備えです。

大きな台風だったり自分の地域に上陸、接近する可能性のある場合は時間帯を確認し、被害が想定される場合には一人ひとりが「自分たちの身は自分たちで守ろう」という意識をもち、避難勧告が出ていなくても早めに安全な場所へ避難するなど防災意識を高めることが重要になります。「家は大丈夫」「私は大丈夫」等の過信が一番大きな被害をうみます。まず、用水路や川の見回りは絶対にやめましょう。増水した用水路や川は道路との境目が分からなくなっていて、足を取られる恐れがあります。 川は増水だけでなく、普段よりも流れが速くなっていたり、流れが急になっていたりしてとても危険です。海も同様に見回りはやめましょう。波打ち際や防波堤など海岸の周辺では高潮の恐れがあります。また、屋外での作業は絶対にやめましょう。台風による突風や強風にあおられて転倒したり、物が落ちてきたりと外はとても危険です。 そして出来る限り外出は控える方がいいですが・・・お仕事はお休みできない・・・と外出しなければならない状況の場合は、リアルタイムに正確な情報を耳に入れるようにします。外出で地下を利用する場合は特に注意が必要です。地下では雨の強さや天候の急変が分かりにくいうえ、地上が冠水すると一気に水が地下に流れ込み上に避難することが困難になる恐れがあります。特に地下を利用する方は、早めの避難を心がけてください。 また、山や丘を削って作られた造形地、河川が山地から平野や盆地に流れる扇状地、山間部・海岸付近・河川敷は大雨や洪水、土石流が非常に起こりやすい土地と言えます。集中豪雨などによって崖地や傾斜地では山崩れが発生する恐れがあります。木の少ない山間部では土石流の危険があるので注意が必要です。また河川敷では水位の変化に注意し、異変を感じたらいつでも避難できるようにしましょう。避難準備情報に注意し、市町村から避難勧告や避難指示があったら、すぐに動けるように準備し指示に従うようにしましょう。また、避難勧告が出されていなくても危険を感じたら自主的に避難するようにしてください。  

 

 

 

 

いかがですか?家は川の近くじゃないから大丈夫、今までそんな事なかったから大丈夫。そんな風に思っているか方が多いのではないでしょうか?!今回の台風10号の被害状況をみて、あらためて台風、そして自然災害の怖さを実感しました。そして、今日は9月1日!防災の日です。この機会に非常用品や非常食を揃えるなど、防災意識を高めもう一度、ご家族の方とこの『台風への備え』を確認して頂けたらと思います。そして、たとえ大きな台風や地震があっても被害が最小限に留められるようにしていきたい・・・そう思います。

 

85

 

 

 

★エボリューションボディプラス整骨院でエステ&リンパマッサージが受けられます。

 完全予約制 火曜・水曜・金曜(10:00~20:00)・土曜(10:00~17:00)

 お問い合わせ、ご予約は当院までお電話ください(`・ω・´)ノ

 

 

PS ハーブティー販売をしています。詳しくはスタッフまで

交通事故治療 自己負担無料 ・本格整体初回8640円、2回目以降6480円/骨盤矯正4590円/千葉県唯一の溶岩浴整骨院

 

交通事故むちうち専門治療 クリックorタップ→http://koutsu-jiko-mutiuti.com/

チーパスをご持参の方、自由診療10%OFF 定額制溶岩浴の入会金3240円が無料!

 

LINEの公式アカウント、お友達追加でいいことがおこるかも

フェイスブックの「いいね!」でいいことが起こるかも

 

エキテン口コミランキング1位

八千代中央駅×接骨・整骨部門2013年09月時点

住所 

千葉県八千代市ゆりのき台3-1-5 エスタフレンテ2F

047-405-1102

 

【営業日・営業時間】

 月~金10:00~13:00 16:00~21:00 土10:00~17:00

 ☆日・祝日休み

 

 

 

 

 

 

投稿者: evolution BODY +整骨院

  • STAFF BLOG
  • エキテン ロコミランキング 第1位
  • facebook