スタッフブログ

2017.11.08更新

1.保険会社と仲良くお付き合いをするためには

交通事故でむちうちなど首の痛み、腰痛になった場合、交渉は相手の保険会社の担当者とします。補償内容の交渉だけではなく、書類手続き等の対応をしなくてはいけない事が多くなります。そのとき被害者(あなた)の思いを上手く担当者に伝えられるようにするためにはどうしたらいいのかを紹介します。

味方をつける

交渉する相手の保険担当者は基本的に被害者の味方ではなく、加害者のために動きます。被害者であるあなたには心配してるような対応をしますが相手方の保険担当者なので加害者の味方です。しかも、相手の保険担当者は交通事故に関してプロですので被害者一人で対応するのは心細い上に知識がないため正当な補償内容にしてくれるかどうかわかりません。そこで、交通事故に関する正しい知識をもったプロに味方になってもらいましょう。弁護士、司法書士など交通事故の専門家にお願いすると良いでしょう。探し方が分からないなどありましたらプラス整骨院にご相談下さい。

 

自分の要求を冷静に伝える

交通事故の被害者の中には無理難題を加害者側に突きつける方もいます。確かに、被害者ですから被害者感情もあります。当然の感情だと思います。しかし、被害者でもマナーは守りましょう。自分の被害に相応の補償を受けるためには冷静な対応を心がけましょう。

 

2.自由診療?保険診療?

交通事故の場合、その治療に対する費用の支払い方法には2種類あります。それが保険診療公的医療保険を使わない自由診療です。

自由診療

・保険治療上認められていない薬や手術などが受けられる。

・十分な費用をかけられるため、保険では認められていない質の高い治療が受けられる。

保険診療

・保険の点数単価が決められているため、治療費を抑えることができる。

・被害者であっても、自分にも過失がある場合、その過失分を相手の治療費を負担しなくてはならないため自己負担分を抑えられる。

 

3.公的保険

保険は公的保険私的保険にわけることができます。交通事故に関する公的保険医療保険労働保険のうち労災保険の2種類になります。まず、医療保険には会社員が加入する健康保険、船員が加入する船員保険、公務員が加入する共済保険、自営業者などが加入する国民健康保険、75歳以上が加入する後期高齢者医療制度があります。会社員の場合、業務上または通勤途中での交通事故の場合、労災保険がその対象になりますが、自賠責保険での対応になる場合が多いです。

 

公的医療保険を使う場合はこんな時

交通事故の相手と過失割合でもめているとき

相手と過失の件についてもめているときは自賠責保険が執行されません。解決まで長期にわたる場合はその間の治療費の自己負担を抑えることができます。

 

交通事故の相手が保険に入ってないまたは自賠責保険のみの場合

補償される金額に制限があるため、治療費を抑えることができます。

 

交通事故の相手が車の所有者と違う場合

自賠責保険は該当する車が交通事故を起こした際に適用されます。しかし、車の所有者が運行供用者責任を認めない場合、解決まで時間がかかってしまいます。その際の措置として、公的保険が使われます。

 

自分の過失割合が大きい場合

自賠責保険では自分の加湿が7割を超えた場合、損害補償が2割~5割の範囲で減額されますので公的医療保険で治療費を抑えます。

 

交通事故後の治療はプラス整骨院へご相談下さい。

047-405-1102

詳しい交通事故治療はこちら

投稿者: evolution BODY +整骨院

  • STAFF BLOG
  • エキテン ロコミランキング 第1位
  • facebook