スタッフブログ

2017.11.16更新

病院で診断書をもらい人身事故の届け出をする

交通事故では自分が気を付けていても相手にぶつけられてしまうこともあります。もし、あなたが追突事故にあってしまい、首の痛み、頭痛、めまいがある場合はすぐに救急車を呼ぶか、病院に行きましょう。事故直後に軽い症状でも数日後、痛みが強くなる場合があります。また、軽い症状でも交通事故のケガは普通のけがとは違います。普段、生活をしていての転んだ、ぶつけた、というケガとは違い、交通事故でのケガは瞬間的に大きな外力が体に加わるからです。だから、軽い首の痛みでも後で痛みが出やすく、治療が長期化する可能性があります。追突事故で最も有名なケガがむちうちといわれる頚椎捻挫です。軽いでもほおっておくと後になって首の痛みが強くなったり、頭痛やめまい、全身の倦怠感など症状が悪化する場合もあります。これらの症状が交通事故と関係する証明をする意味でも警察を呼び、事故証明をしてもらい、病院行き、診断書をもらいましょう。時間が経ってからだと因果関係が立証することが難しくなることがあります。

 

交通事故の現場では相手の身分と連絡先を確認

交通事故の現場では気が動転していますが落ち着いて対応しなければなりません。現場ではまず、相手や加入している保険会社の連絡先などを確認しておきましょう。安易な損害賠償などの返答は避けて下さい。現場ではどちらが良い悪いと主張される人もいますがその場で結論を出すのはやめましょう。お互い気が動転して興奮状態の中、冷静な判断ができるわけがありません。まずは冷静に対応することを心がけます。相手の連絡先以外には車の修理場所、任意保険の加入状況などを確認しておくとよいでしょう。

 

警察官は事故処理だけを行う

警察官に判断を求めるケースがありますが一般的に警察官は交通事故の処理だけを行いあとの賠償問題にかかわることは民事不介入という原則に従い「話し合ってください」というように返答さけると思われます。話は聞いてくれますが判断はしません。交通事故の状況を後で冷静に判断するために交通事故の現場ではドライブレコーダー、メモや写真、動画で記録を残しておくと良いです。

 

治療を早期に始める

早期の治療が交通事故による痛みを後遺症を残さず、早く治すために必要です。プラス整骨院では交通事故後の治療を行っています。症状に合わせてマッサージ治療、ストレッチ治療、電気治療などを必要に応じて組み合わせて施術します。病院や整形外科と併用で治療をしてもかまいません。なかなか痛みが取れずらい、早く治したいという方はプラス整骨院にご相談下さい。

八千代中央駅徒歩1分

エボリューションボディプラス整骨院

047-405-1102

詳しい交通事故治療はこちら

投稿者: evolution BODY +整骨院

  • STAFF BLOG
  • エキテン ロコミランキング 第1位
  • facebook