スタッフブログ

2017.05.22更新

肘の痛みで病院、整形外科を受診しても治らないあなたへ

テニス肘(外側上顆炎がいそくじょうかえん)、肘の痛みは当院で根本原因を見つけ出し、施術をすれば良くなります。

なぜ、他院で改善しなかった肘の痛みがエボリューションボディプラス整骨院では改善するのかを解説してきます。

 

こんなお悩みはありませんか

・パソコンのキーボード作業、マウスでクリックする動作で肘が痛い

・字を書くときに肘が痛む

・カバンや物を持つときに肘が痛い

一つでも当てはまる方はプラス整骨院にご相談ください

 

肘の痛みの場所は3つあります

肘の外側→外側上顆炎・かいそくじょうかえん(テニス肘、外側型の野球肘)

テニス肘と外側上顆炎は同じです。テニス肘の場合、テニスでバックハンドでボールを打つ時に肘の外側に負担がかかって痛みが発生してしまいます。一般的にいうテニス肘でバックハンドテニス肘とも呼ばれます。このページでは肘の外側の痛みについて詳しく説明しています。

野球の投球動作で肘の外側に負担がかかって痛みが発生してしまいます。野球肘は肘の外側、内側、後ろの3つに分けられます。

肘の内側→内側上顆炎・ないそくじょうかえん(ゴルフ肘、内側型の野球肘)

ゴルフをのスイングで肘の内側に負担をかけてしまうと痛みが発生します。

一般的な野球肘は肘の内側の痛みです。野球の投球動作で肘の内側に負担をかけてしまうと投げる時に肘の内側が痛くなってしまいます。

テニスのフォアハンドで肘の内側に負担をかけてしまって痛みが発生するテニス肘、フォアハンドテニス肘と呼ばれます。

肘の後ろ→後方型の野球肘

野球の投球動作で肘の後ろに負担をかけてしまって痛みが発生する野球肘。

 

デスクワークをしている人にも多いテニス肘!?

テニス肘はテニスをしていなくても発症してしまうことがあります。テニスのバックハンドをたくさん行うことで肘が痛くなってしまうテニス肘。テニスのバックハンドのように手首や指を反る動作を日常や仕事で多く使う人はテニス肘になる可能性が高くなります。例えば、パソコンのキーボードを打つ動作、マウスでクリックする動作、手のひらを下にして物をつかんで持つ動作などです。

 

テニス肘はひじの使い過ぎではない!

肘の痛み 治療

テニス肘はひじの使いすぎではなく手首や指の使い過ぎです。テニス肘、外側上顆炎は正式な名称、上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)と言います。肘が痛いですが手首や指の筋肉を動かす筋肉がたくさんくっついています。手の甲側の腕を見ながら、手をグーパーしてみてください。筋肉の収縮がみれると思います。図のように手首と指の筋肉は複数あってそれらの筋肉は同じ骨(上腕骨外側上顆)にくっつきます。この筋肉を使いすぎる事によって筋肉は緊張し、骨に引っ張るストレスを与えてしまいます。その状態が続くと炎症が起こるため痛みが出てしまいます。

酷くなると手のグー、パーでも痛みがが出てきます。物をつかめなくなり、パソコン作業、字を書くことが辛くなってしまいます。

 

ひじの痛みの解説動画

 

外側上顆炎・テニス肘か調べる3つの方法

①手首を反ってください(手首を曲げるとは反対方向)

痛みが強い場合はこの動作だけで肘の外側が痛くなります。

②上記の動作で痛みが出ない場合はその手首に抵抗を加えてください。

手首を反った状態を維持したまま、手首を曲げる方向に抵抗を加えて下さい。テニス肘の場合は肘の外側に痛みがでてきます。

③中指を伸ばしたまま、指を曲げる方向に抵抗を加えます。

曲げる方向に力を加えていますが頑張って中指を伸ばしていてください。テニス肘の場合は肘の外側に痛みがでてきます。

 

病院や整骨院の一般的な治療

電気

電気刺激により鎮痛作用、血行を良くします

サポーター、テーピング

肘への負担を減らします

湿布、飲み薬

痛みの鎮痛、痛みを感じづらくしています

マッサージ、ストレッチ

筋肉をほぐしています。強すぎるマッサージやストレッチは筋肉に負担をかけて痛みが増悪する場合があります。

一般的な治療方法だと根本的な原因が解消されませんので一時的な改善でその治療をやめてしまうとまた再発してしまいます。

 

プラス整骨院と整形外科・病院では診ている所が違います

 テニス肘、外側上顆炎

病院や整形外科では痛みが発生した結果を診ていますがプラス整骨院ではその前の根本原因をみています。

その根本原因に対して整体を行うのでなかなか良くならないテニス肘、外側上顆炎が改善していくのです。

 

同じ仕事をしているのに肘の外側が痛くなる人とならない人の違い

悪い姿勢や動作はカラダにかかる負担を大きくします。痛みがでてしまうのは姿勢が悪化し、筋肉が緊張してしまう事によって筋肉が骨にくっついている所が常に引っ張られている状態になります。姿勢の悪い方は常に負担がかかっています。だから、パソコン作業など同じ仕事をしていても痛みが出やすい人と出にくい人がいるのです。痛みが出やすい人は姿勢や動作に問題がある場合が多いです。

 

プラス整骨院が行う整体

原因がわかれば後はそこを解消するとひじの痛みは改善していきます。

カウンセリング

まずは根本原因を見つけるためにカウンセリングシートを書いて頂きます。根本原因を見つけるために大事な資料となりますので出来る限り空欄の無いように宜しくお願いいたします。そのカウンセリングシートを元に詳しく体の状態を聞かせていただきます。今までどのようなケガをしていきたか、同じような痛みを繰り返しているのかなど一見関係なさそうなことも健康に関することならすべて話してください。

検査

当院では肘の痛みの根本原因を見つけるために検査も詳しくさせていただきます。カウンセリングではクライアントさま自身が知っている自覚症状、検査ではクライアントさまが知らないカラダの具合、原因をさがします。検査では必要に応じて関節の動きの具合、柔軟性、筋力、神経テスト、姿勢・動作分析などを行います。

クライアントさまに合わせた整体のご提案

カウンセリング、検査をもとに根本原因に合わせた整体の内容を説明させて頂きます。その際、適切な整体の頻度、整体の期間をご提案させて頂き、その内容に納得して頂きましたら整体を始めていきます。

整体

クライアントさまの原因に合わせたオーダーメイドの整体です。負担のかかる動作と姿勢の改善をしていきます。改善する事により筋肉の緊張が緩和され治った後でも再発しづらくなります。

腕の調整

手首、肘、肩の筋肉、歪みを改善することで肘の痛みも改善していきます。肘の痛みとは関係なさそうなところも調整すると痛みがラクになります。クライアントさまはビックリされます。

背骨・骨盤の調整

背骨、骨盤の歪みを調整する事によって普段の姿勢で固まってしまった体を動かしやすくしていきます。

その他の調整

お腹、頭蓋骨、股関節、膝、足首の調整をクライアントさまに合わせてしていきます。

 

テニス肘を改善する整体

初検料 2160円

施術料 3780円

初回の時間:大体50分~60分(カウンセリングシートの記入~整体~次回予約をするまで)

 

今まで病院、整形外科、整骨院での保険治療を行っていた方へ

プラス整骨院の整体は保険では出来ない整体です。保険の治療はどこで受けても同じような治療内容のはずです。しかし、全然良くならず当院にご来院頂く方が多いです。一般的には使い過ぎによるものには安静です。でも、安静にしていて改善していますか。そもそも手首や指は日常生活で使うもの、安静にすることは困難です。だから、使い過ぎだから安静にするだけではなくてもっともっと根本から改善していく必要があるのです。普通に手を使っていて痛むのであれば普通に使ったら痛まない動作、姿勢にしていくことでテニス肘は自然と良くなっていきます。酷くなればなるほど、痛んでから時間が経つほど整体の期間は長くなってしまいますのでお早めにご相談ください。

 

わからないことがあればいつでもご相談ください。

エボリューションボディ プラス整骨院
047-405-1102
・所在地 千葉県八千代市ゆりのき台3-1-5エスタフレンテ2F(八千代中央駅徒歩1分)
地図
インターネット予約
・インターネットでの予約は24時間受付しております

投稿者: evolution BODY +整骨院

SEARCH

  • STAFF BLOG
  • エキテン ロコミランキング 第1位
  • facebook